8→1 無限大の力

仲間思いでファン思いなあなたがすき。
今日も夢見るみんなを応援します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランキング・このブログが気に入ったらぽちっと。

∞福井コンレポ⑤~∞レンジャー~

頑張ったぞー
こんだけ文書いてると自分作家?って
疑うわ( ̄▽ ̄;)苦笑

とにかく頑張ったので
レンジャー物語~ブルーの恋編~
よかったらどうぞ。(二つ折りやや硬め



23日1部・∞レンジャー

「やった~エイトレンジャーが福井にやってきたよ~♪(笑顔全開)
でも平和やな!刺激がない」
「刺激がないって言ったけどなぁ~」
「ブルーまたちょっと縮んだんちゃうか」
「縮んでないで!」
(ここでブルーあたふたし出す)
「どうした!どうした!?」
「あのですねぇー。僕、好きな人が出来ました!
(with章ちゃんスマイル)」
「聞いてないよぉ~」(芸人的リアクション
「実はー告白もしちゃいましたっ!」
「え~。聞いてないよぉ」
「聞いてないな」
「告白といえば、みんなしたことある?」
「一回や二回ぐらいあるとちゃうの?」
「一回や二回、ナスレンジャーはあんのか!」
「まぁ、一回はあるわぁ」
「その一回、どんなんか見せて!」

~照明落ちナス一歩前へ~

ヒナちゃん告白
「もう福井とさよならや。しゃあないやろ!」
「いきなりこいつ福井だしよった!ミスったな」
「言うてたやろ!俺も好きやで!好きやっ!」
「いきなり好きや!福井が好きなんか…福井さんなんか」
「アッハハハハハ」(大笑い
「言うてなかったけど、見てみぃ?鯨さんがザパーンと…」
→メンバー「くじら?!」(笑い出す
「ほらほら見てみぃ。サバ」(遠くを指差す
「サバなんか、大阪でもおるわぁ(笑)」
「イルカも見納めやなぁ。ここのタコ美味しかったなぁ。
タコとかイカとか…そうやゴメンなぁ、いきなり。
日本海越えて俺、会いにくるわぁ・・・(苦笑)」
→客「え~」
「・・・これちょっとないな!(笑)」
「お前、ちょっと今日はあかんで!いろいろミスったやろ」
「うん、今日はない!組み立て間違えた(笑)」
「ふふふ。でもそんな告白もあるやろ!じゃあイエローはどんなん?」

亮ちゃん告白
「イエロー金髪にしてなぁ。
イエローレンジャーにあわせたらしいで!(キャラに髪形)」
「久しぶりやな!えっ髪の毛…ちゃうやん!気分、気分。
えっお前、自分で言ってたこと忘れたん?
お前金髪好きって言ってたやんけ!(芝居モードに入る)
なんかファンの人とかにすっごい文句言われんねんけど、
お前の為に金髪にしてん。
でもファンも大事やん?どうしょうかなぁ~って思ってんねん
けど・・・。黒い俺も好きになってくれる?」
→客「きゃー!!」(悲鳴
「どんな女やねん(笑)」
「たぶん日本人ちゃうで!」
「そうやなぁ。あっ!ファンの人には、髪の毛金髪やけど、下は黒って言うし!」(下ネタでましたー!
「(笑)見えへんし」
「ハハハハハ」(爆笑
「そういうことでええやんなぁ?わかったわ。も~チューして!」
→客「きゃー!!」(再び悲鳴
「(笑)よう分からんなぁ。
あ、よう喋れるのがオレンジレンジャーらしいで?」(話ふる

マルちゃん告白
「久しぶりやな!俺はお前に1つ言いたいことがある!(早口)
この三ヶ月ぐらいの話やけど、俺はお前に出会ってからずーっと
その泣き顔も、その胸のうちも、そして足もその踝も、
爪も指先も目も鼻も口も髪も・・・お前の全部が好きやっ!!」
→客(爆笑)
「いやいや、喋りすぎちゃう?向こうの話いっこも聞いてへんやん!
それに指先と爪は、ほとんど一緒やろ?(笑)」
「んまぁそのパーツの1つ1つを・・・」
「なるほどなぁ~」←えっ、納得したの?
「それは女性の人、言われたら喜ぶなぁ」
「!それだけ女性を見てるってことや」

皆の告白大会後、時間がないということで告白の返事を聞きに行く
ブルー。そしてそれを見守りに行くレンジャー6人

~ブルーとマネキンの会話~
「ちょうちょ飛んでる・・・。
あ!なぁこの前の告白の返事やけど・・・」
女「ねぇ何か一発芸して?」(むちゃぶり)
「え(´Д`;)?!←こんな顔(笑)」
→一発芸(本人いわくサル。←ごりらかと思った(爆))
を頑張るブルー

女「ごめん。実は私、今好きな人がいるの・・。
その人は・・・目の前にいるあなた!」
「え(´Д`*)!?←こんな顔(笑)
えっ?俺っ??(あたふた)」

わーいと有頂天になり、彼女といちゃいちゃする
ブルー(チューしたり抱き合ったり)を見て
喜ぶ残りのメンバー。
(この時レッドオレンジの尻なでまわしたり肩組みいちゃいちゃ)
お祝いにステッキを持ってダンス♪(←これ凄いかわいい

ダンス後、次の日の待ち合わせ時間を決め
ブルー以外の6人は解散へ。
「明日遅れてくるなよぉ!」
「グリーンよう寝坊するんやからっ☆」(→そうなのかたつよし?

そして各自解散し、ブラックだけステージに残る。
ふらふらしていると、たまたまさっきの女が
他の男と会ってるところを目撃!!(彼氏役・文ちゃん


~次の日
「みんな遅れて・・すんまそん!」
「ハハハ」(ツボった?)
「俺、みんなに言わなあかんことがある!・・・遅れてゴメンっ」
「ええよ」(肩ぽんぽん
「俺、ブルーに話がある。・・俺、お前のことが好きやねんけど」
「えっ?」(´△`)!
「あんな彼女と・・別れてしまえっ!!」
「何でー?彼女が好きやねん」
「嘘つけ~!」(びしばし
「だってそんな事言われてもなぁ・・俺、女の子が好きやねん」
(ブルーの顔見て考え込むブラック)
「・・俺、Aカップぐらいあるぞ(ぼそ)」
「(笑)見せんでええ!しかもちょっと出てるやん!(笑)
腹立つっ!俺、無理なもんは無理やで?」
「だってさー、あの彼女お前には似合わへんって!」
「なんで?!」
「男の俺の方がええ!実はお前、ちょっと俺のこと好きやろ?」
→ん?ブラック??(´`)
「まぁ、メンバー愛としてはな」
「・・・」
「なんやブラック!ブルー彼女が好きやって言うてんねん!」
「(真顔)別れてくれ」
「無理や!」
「だってあの彼女綺麗やん。お前、鏡をよく見たことある?」
「あるよ」
「ほんとに見てる?」
「見てるよ!」
「お前、ここのできもんまだ治ってないで?」
「ハハハ。長いな」(爆笑)
「これ、二週間ぐらい治ってないで!あの彼女肌ツルツルやし、できもんできてる男なんて嫌いや思うで」
「できもんはべつにいいやろ」
「(振り向きナス見て)ナスもできもんできてる」
「俺はええやろ!俺の名前は出さんでええ!」(若干キレる

こうして喧嘩してバラバラになるレンジャー
イエローが分からず屋のブラックを殴り、2人喧嘩状態へ

それから彼女と別れて欲しいと彼氏に頼みに行くブラック
「お願いです!頼みますからあの子と別れたって下さい!!」
(↑土下座
文ちゃん「嫌やっ!」
「お願いですって!!」
→彼氏に何度殴られても土下座し頼み込むブラック。
その様子を見たオレンジ止めに入る。

そこへ傍から見てたイエロー駆けつけ、
2人仲直りへ。

「も~二人とも不器用なんだから」
「もしかしてこのベンチ(用意されてた)、オレンジ専用なんか?いつ、こんなん仕込んだんや?」
「これはスタッフさんの優しい心遣いさぁ」
「そこは、真面目に答えるんや(笑)」
「みんなで、頑張ろうって気持ちがここにも現れてるんのさ!さぁ握手で仲直りや」
→がっちり握手する2人
マル完璧仲介人(笑)

ここですばるソロ、この星が輝く理由♪
仲直りするレンジャー達

彼女を殴りに行くブルー。それを見守るメンバー
「ブルー最後の一言!棚からぼたもち!」
「棚からぼたもち?」
「いいから!はよ行ってこい」

だが、彼女を殴れないブルー
その様子を見て駆け寄るレンジャー6人
→ここで花道猛ダッシュしたブラックがバックステで
止まれず、股間節ぱーんっ!!(笑

あそこを抑えて痛がるブラック
「(笑)お前、何してんねん!おいっ!」
「・・・(照笑)」

彼女に別れの言葉を言うブルー
「いろいろありがとうな。あんたも幸せになんなよ」
彼女「うん」
「(違う方向見てたマネキンに)どっち向いとんねん!!」
↑ナスマネキンの頭ばっこーん叩く(笑
彼女「アッハハハアッハハハ」(壊
「あかん。手、出してもうあたぁ~」

みんなにありがとうと、お礼を言うブルー
この時、亮ちゃん・たつよしがめっちゃいい台詞言ったん
やけど、ヤンマー抱きつきに興奮しすぎて記憶とび;;
(どーむすいません!汗)

とりあえず二つ折りでブルーにこちらこそとお辞儀するレッド
レッドのお尻にブスッと手を突き刺したブラック(○んちょう)

「・・・」
「気持ちが入ったんやな」
「上手いこと言うたなブルー!グリーンにもありがとう言うたって」
「グリーンありがとう」
お辞儀するグリーン(二つ折りやや硬め
「(笑)グリーン硬いなぁ~」
「俺も言いたいことがある。・・みんなほんまに良い顔してるぞ!
いいぞ!笑いたければ笑え!この照れ屋さんっ♪(ハート)
・・1つだけ言いたいことがある」
「何?」
「これからと…今まで以上に」
→まずい!って顔をするブラック
メンバー爆笑
「間違えた…今までと、これからもありがとう」

こうして
「たった一曲だけ~♪」とブラックが歌いだし
ありがとうへ。
レンジャー1部はこんな感じです(ぺこり


※27日時点、レンジャー2部付け足し↓
∞レンジャー・23日2部
(全体の構成は1部と似ているので途中省略あり)

~福井は平和で刺激が欲しいという流れからお決まりの告白シーン~
すばるの告白
「えっとぉ・・。あのぉ・・。え~っと・・。あの~・・。
ずっとですねぇ・・。あっ、あっ、あのぉ・・。
おまっ・・。おま・・。お前が・・。お前が・・。す~す~・・。」
「もうちょっとやん!(笑)」
「す~・・すぅすぅ・・好きです!好きです!好きです!(早口)
だから・・そのぉ・・。おっ、おっ、おっ、おおぉぉぉ俺と・・。
おっ、おっ、おっ(つっこみ待つ体勢)」
→しびれを切らしてゆっくり近づいてきたナス。
「もうええわ!(ばっこーん!!)結構、待ったで!
好きですまで言えててんから!サラリーマンの営業みたいになってたで!(笑)でもレッドはシャイやからな」
→おぉさすが松原夫婦愛(´Д`*)ぇ

お次はむちゃぶりでグリーンへ。
たっちょんの告白
「グリーン、グリーン、グリーンサラダ!(ぼそ)」
「・・・(ブラック見る)」
「おっ!今、流行のハンカチ王子!(むちゃぶってみる)」
→手にもってた布見つめるグリーン。
「どうやらハンカチ王子や(笑)」
「ハハハハハ」
「んもうやめて!真剣にやろうと思ってるのに(すね)」
「お~」
「(落ちたハンカチを拾って手が振れ)←1人2役
あっ!…好き(はにかみ)」
→客「きゃー!!(騒)」
「一目ぼれのパターンやな!ブラックは?」
→思わぬふりに驚くブラック。
「告白したことない(きっぱり)」
「あるやろ!」
「理想の告白でもいいねんけどな」
「ブラックのも聞きたい」
→たつよし反撃か?!

ヨコの告白
「どうも初めまして、横山侯隆と申します。(棒読み)
え~っと元カノからは、『きみたん』って呼ばれてました」
「えっ!なんて!(いやらしく聞き返す)」
「きみたん!って呼ばれてました。(ややヤケ)
だからきみたんって呼んで頂いてもいいです。
あの~単刀直入に言うとですね、あの~僕、前々からご存知だと思うんですけど僕、あなたのことが・・すきだからぁ~」
↑チャン・ドンゴンのCMのモノマネ(笑
「(笑)ありがとう。ありがとう」
「ハハハハ」(ツボった!
「その名もキミ・ドンゴン!」
「ハハハハハハ」(笑いが止まらぬグリーン
「キミ・ヨンジュン」
「違うやろ」
「ヨコ様」
「レコメンでずっと言うてたやん」
「レコメンでうけたから、ここで言うたんや!あっ時間とか大丈夫か?」
→都合が悪くなり話元に戻すブラック

1部と同様ブルー告白の返事を聞きに。
見守りに行くレンジャー6人

「様子を見に行くとするか!」
ここで、変なオレンジ変顔(カメラしっかりキャッチ!)
↑白目であご出す感じ(笑)
それから皆やれ!的な雰囲気になり、
たっちょん(やや照れ気味でやる)→亮ちゃん(しばらくやるの
ためらうがやけになりサービス全開)→ヒナちゃん(あまりにも
全開の変顔だった為ブラック大爆笑!笑)
『お前はアカンって!!』

こうして変顔大会は幕を閉じたのであった(笑
ブルー彼女の元へ

彼女に1発芸ねだられ、今回は
阿波踊り?どじょうすくい?
とにかく奇妙な踊り披露(笑
「ブルーが・・ブルーが・・年1回しかうけへんのに、今日・・うけてしまった!」
「あーあ。まだ、先が長いのになぁ」

頑張れブルー(笑
こうして1発芸も乗り越え後ろで喜ぶメンバー
→この時花道歩いてたすば丸コンビ、
2人で歩幅ちょこんとあわせ結婚式の新郎&新婦入場かと(笑

ブルーの彼女が別の男といるのを見てしまったブラック

次の日
「みんな遅れてゴメン・・・グリーン!!(驚)」
「命の次に大事なヘルメット忘れてるやないか!」
→はっ!!とした様子で慌ててステージ下へ取りに戻るグリーン(笑
「命の次に大事なのは、ベルトやけどな!
ベルト忘れてたら怒りの鉄拳くらわしてたけどなぁ(じろ)」
「フフフ」(危なかったなたつよし!
「ヘルメットでよかったな!それより遅刻してなんや?」
「遅れてゴメン」
「いいけどな」
→さすが木10夫婦愛(ぇ
「みんなに言わなあかんことがある・・。」
→ここでブラックの異変に気付いたナス
「お前、いつまで花持ってんねん!昨日の夜から持ってたんか?」
→そう横山裕、つい花持ったままステージに現れたんです(笑
「(笑)別にええやんか!それより俺、ブルーに言わなあかんことがある。
あの~俺、ブルーのことが好きやねんけど!
彼女と別れて、俺と付き合って!
だって(ヘルメットの)エイトマークとエイトマークが重なった時、
恋が芽生えるって言うやん?」
「そうなん?」(ナスに問い
「俺も知らん(笑)」
「(自分のヘルメットとブルーのヘルメットをくっつけて)
ポッ//」←顔火照る
「なんやねん!!」
「あの彼女と別れてくれよ」
「意味を説明して」
「・・好きに、意味なんてない!
(再びヘルメットとヘルメットをくっつけて)ポッ」
「なんやの!気持ち悪いわ(苦笑)」
「好きに意味はないけど、別れる理由がないやん」
「そうやで」
「違うねん」
→おもむろにナスに近づく
「なんや!ビックリしたわ!!」
「ハハハハハ」(爆笑
「あぶねぇあぶねぇ!(エイトマークが)くっつくとこやった!」
「久々にお前の顔こんなに近くで見たわ!ドキッとしたわ!」
→メンバー爆笑!
「そんなことよりも、ブルーわかってるやん?」
「そんなに顔が近いと・・(引きぎみ)」
「とにかくあんな彼女と似合わへん」
「意味がわからへん」
「好きに意味は、ないやろ」
「似合わへん意味を教えて」
「だってあの彼女すらっと綺麗やろ?お前だって・・。ぷっ、ドラエもんですら2.5頭身あるのに」
「俺、何頭身!?」
「1.5」(真顔)
「そんなに顔ないぞ!(笑)」
「えっ」
「ハハハっ!」(ツボる
「お前、なんやねん」
「お前とか言うな」
「ハハハハハハ」(渋谷さん爆笑!
「なぁ?来いっ!」
→手を広げて、ブルーを待つブラック
「嫌や」
「ほら」
「も~寄るなって!お前らみんな敵じゃ!ボケ!ナス!アホ!カボチャっ!!」
「あ~ナスやナスや!」(前に出るナス
「ちょっと待ってくれ!カボチャ誰や?!」
→前にでるオレンジ
どうやらオレンジがかぼちゃらしい(笑
「・・・(笑)」
→ブラック、笑いすぎてイエロー殴れず
「笑ってるイエローが、一番怖いで?
イエロー!イエローもエイトマーク合わせるか?」
「なんでそんなん言うねん」
↑怖いと言われたのに反撃したつもりがヨコの答えにピッタリ
だった為笑う一同(笑
メンバー「ハハハハハハ!(爆笑)」
「あんなん言うたら、怒るにきまってるやろ~」
→ぐだぐだになりつつとりあえずブラック殴り

喧嘩してバラバラになるレンジャー
彼女と別れて欲しいと彼氏に頼みに行くブラック
その彼氏から何度も殴られるが、全然倒れないヨコ
これには文ちゃん本気で困り(苦笑
そして、助けに来て殴られるマルちゃんまで何度殴っても倒れない
もはやこれが気に入ったらしい(いわゆる悪ノリ。笑
その時の丸ちゃんの変顔に笑って台詞が言えなくなるブラック(笑
→あーもうぐだぐだやん!(心の声

そしてレッドソロ~この星が輝く理由~
ここでまさかの事態!
「足つった(ぼそ)」
思わぬ展開に慌てて足をひっぱり治療するブルー
→どんな光景だ( ̄▽ ̄;)笑
ちなみにこの時、ブルーの元へ駆けつけるすばちゃん
花道でライトが当たってない時、地味にぜんまい式の人形の
ように1人てくてく歩いてました(笑
これが馬鹿うけなの!(運よくそっちサイドだった人

仲直りするレンジャー達
彼女を殴りに行くブルー
殴れないブルーの元に駆け寄るレンジャー達
ありがとうと皆に言うブルー

するとメインステに走り出し、台に乗るブラック
「ブラックどうした?」
「(ぴょこん!)俺もなんだかテンションマックス!」
メンバー爆笑(笑
「テンションマックスって、なんか言いたいことあるんか?」
「お前ら見てたら、ほんとマックス」
「ハッハハハハハ」(ツボった!
「ありがとうございマックス!」(←気に入ったらしい
メンバー「ハハハハ」(爆笑
「みんな、これからと・・また、間違えた!」
→横山さん、1部で学習しましょう?
「お前、自分の台詞やろ?」
「今までと、これからもありがとう
マックス!(満面の笑み)」
メンバー「ハハハ」(笑)

そして~ありがとう~へ
この時さっきの台詞が気にいったのか
「たった1曲だけ~♪マックス!」
と歌の合間にちょこちょこ「MAX!」取り入れて遊んでました(笑

はー。2部レンジャーぐだぐだやな( ̄▽ ̄;)
~完~

ランキング・このブログが気に入ったらぽちっと。

コメント

わんつー!
作家小春さんっ★
お疲れ様でちたぁ!

ここで小春はんミス発見!
《みんなにありがとうとお礼を言うブルー》の所、プルーになってまっせ!

今回はちゃんとお告げしましたー★(笑)

ごめんなさいー
今コメしたの詩です。
貴重な場所を無駄遣いすいません。

チパ君はおサルにもなれるのね☆

うほっ!作家さんやーん♪長文i-220おつかれさまでした。いつもありがとうi-80
横アリ1部ではブルーの一発芸:「マッチ棒」(直立不動!)、2部では「とがった鉛筆」(たしか両腕を真上にあげて直立不動!)でしたi-275 めっちゃ一発芸の引き出し持ってるね、ブルーi-197

PS. ヒナちゃんソロの♪ワン ターイム♪の件、お返事ありがとうです!よくわかりましたi-179早速愛知コンで実践しますi-194

自信は全くありません。 /笑

うん、意外と。
最近やっとこさよねぇ、都市開発されてきたの。
結構何処でもそうじゃない? /笑
利用する人多いのに周りあんま…って感じのトコあるもん、いっぱい。 /笑

うん、今のところは。 /笑
めっちゃ展開しまくってますよ、めっちゃ因数分解してますよ。 /笑
英語も一応やってるんやけどねー。
とりあえず数学数学!って感じで。 /笑
夏休み前は最後やねぇ。
一個問題点として、9月頭の復習テストorz

いっやぁー…
ドームのときもうろ覚え状態の子に任しちゃうの? /笑
特に渋谷さん関係の記憶殆どナッシングよ? /笑
とりあえず近いとこに来たげっちょん(笑)と横しか覚えてない、ヤバイ。 /笑
だからね、あんまり信用しないで! /∑

作家最大のミス!(苦笑

いやぁまさか担当の名前を間違えるとは・・(´Д`)
こんなんじゃ作家になんかまれませんな。
よって匿名で投稿で。ノ(ぇ

詩はん(京都風)すば安かわいいよーi-176
怪我したレッドをブルー治療してるし!!(汗
連載でもまた告白してますが私達どうしたらいいんでしょう?
はぁー。(ため息

安田ちゅきやー!!!!!!!!(`Д´)

意外と引き出し多いな!(笑

いやぁーまた変にはりきっちゃったi-88i-203
ここまでくると次回もう上目指せないんじゃないかっていう(苦笑
今度は絵がつくかもね?(ぇ

え、横アリ1部ではそんなネタを(`△´)?(爆笑!!
マッチ棒とか鉛筆って見たまんまですやんi-88
あ、だからブルーでも出来るのか。(納得
ブルーって意外と引き出しあるんだね♪
お姉、愛知は何して乗り切るか代わりに見てきてi-88(頼

ソロ情報役にたってよかった♪
ぜひ次思いっきりシャウトしてきてねっi-179i-197
では妹は土曜にくる石川チケットの為留守番っと♪(ぇ

でも観察しないとまたひきこもるから(笑

開発進んでくれたらいいんだけどねぇ。
石川は残念ながら極端すぎるよ。ノ
ゆっちが気に入ったスクランブル交差点くらいだ都会(苦笑

めっちゃ展開して分解してますか??(爆笑
懐かしいわ展開&因数分解。
あれ()の中砕いて長くしたり、まとめて何になるんやろうねぇ?(ぇ
意図がわからん!(わがまま症候群
復習テストとかやめて前に進もうぜ!みたいな(笑

げっちょん!!!!(爆笑
あの時痩せてたっけ?それこそ記憶がない(´Д`)
あれだよ、ドームは規模が大きすぎたから。ノ
城ホ入ったら狭く感じるよ?
という事で任命で。ノ(ぇ



コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cheerlife.blog59.fc2.com/tb.php/607-57479fca

 | HOME | 

つなビィ

プロフィール

小春

Author:小春
・21歳♀
・石川住み
・マイペースOガタン
・ヤス担・担歴5年
担を好きになったキッカケは友達から∞をイチオシされ、その後裏ジャニを見てちっさくかわいい子に一目惚れ(笑)
何かずれてるけどいつもニコニコしてる彼が好きです♪
その他、嵐・キスマイも大好きなのでよく話しに出ます(真顔)
こんなのですがどうか末永く見守ってやって下さい(・∀・)
コン・舞台参加歴はこちら

イベント参加予定

・5月15日 KAT-TUNコン
(@東京ドーム)
・5月20日 KAT-TUNコン
(@東京ドーム)
・5月21日KAT-TUNコン
(@東京ドーム)
・6月2日 ∞コン
(@東京ドーム)
・7月19日 ∞コン1・2部
(@石川県産業展示会館)
・7月30日 ∞コン
(@京セラドーム)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

au庭時計

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

グリムス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。